民草の上に垂れさせたまいし大いなる御仁慈

Discussion in '日本語 (Japanese)' started by 82riceballs, Mar 19, 2013.

  1. 82riceballs Senior Member

    English - USA
    また、「聖断拝す 大東亜戦争終結」の質問ですが、その中で「靖国の神と鎮まる忠霊、前線の将兵、また民草の上に垂れさせたまいし大いなる御仁慈に、御聖慮(せいりょ)のほどを拝察して、ただ我等、万斛(ばんこく)の涙を飲む。」という文がありますが、
    民草の上に垂れさせたまいし大いなる御仁慈」はどういう意味でしょうか。

    特に「垂れる」の意味がさっぱり分かりません…
    「御仁慈」は「人]という意味でしょうか。

    よろしくお願いします! m(__)m
     
    Last edited by a moderator: Mar 19, 2013
  2. Schokolade Senior Member

    Japanese
    「垂れる」>> http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/139431/m0u/ 
    の2番 ㋑「目上の者が目下の者に示したり、与えたりする。」

    「御仁慈」>> http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/114312/m0u/

    「靖国の神と鎮まる忠霊、前線の将兵、また民草の上に垂れさせたまいし大いなる御仁慈」は、
    天皇が、「靖国の神となって鎮まる忠霊」と「前線の将兵」と「民草」に示して(or与えて)くださった、大いなる御仁慈(=情け、思いやり)』
    ということだと思います。

    「戦死した人・兵士・国民に対し、天皇が示してくださった情け(or思いやり)のなかに、
    御聖慮のほど(=天皇が配慮してくださっていること)を拝察して、私たちは、万斛の涙を飲みました(=たくさんの涙を流しました)。」ということではないかと思います。
     
    Last edited: Mar 22, 2013
  3. 82riceballs Senior Member

    English - USA
    大変わかりやすい説明をありがとうございます!!
     

Share This Page