とすべきとの報告

ichfrageichfrage

Member
Chinese
新たにストーカー規制法の対象とすべきとの報告書をまとめました”の中に、その”とすべきと”の意味わからないのです。

上下文:
ストーカー行為の規制のあり方を議論していた警察庁の有識者検討会は、スマートフォンのGPS機能などを悪用して相手の居場所を特定する行為などについて、新たにストーカー規制法の対象とすべきとの報告書をまとめました。 これを受け警察庁は、規制法の改正案を今国会に提出します。 この問題を巡っては、去年十月、最高裁がGPSを使って位置情報を取得する行為が、規制法が禁じている「見張り」に当たらないと判断したことを受け、法改正が議論されてきました。

ありがとうございます
 
  • NyMedic1960

    Member
    Japanese
    ここでの「とすべきと」は、「と」「すべき」「と」切ってみるとわかりやすいと思います。
    最初の「と」は 何々に、の「に」と同様な意味です。「すべき」は「すべきです」あるいは「するべきです」とするとわかりやすいと思います。
    次の「と」はつぎの「の」とつなげて、何々との、と考えます。 何々であるという、と考えるとわかりやすいかもしれません。
    新たにストーカー規制法の対象「に」「するべきです」「という」報告書をまとめました。
    新たにストーカー規制法の対象にするべきであるという報告書をまとめました。 という書き換えもできます。 

    いかがでしょうか。
     

    ichfrageichfrage

    Member
    Chinese
    ここでの「とすべきと」は、「と」「すべき」「と」切ってみるとわかりやすいと思います。
    最初の「と」は 何々に、の「に」と同様な意味です。「すべき」は「すべきです」あるいは「するべきです」とするとわかりやすいと思います。
    次の「と」はつぎの「の」とつなげて、何々との、と考えます。 何々であるという、と考えるとわかりやすいかもしれません。
    新たにストーカー規制法の対象「に」「するべきです」「という」報告書をまとめました。
    新たにストーカー規制法の対象にするべきであるという報告書をまとめました。 という書き換えもできます。 

    いかがでしょうか。
    ありがとうございます! わかりました。
     
    Top