fxlle

Senior Member
Cantonese
年のころは十八、九、身に淡い黄の衫をまとい、黒い驢馬にまたがって、山道にそってゆるゆると登りながら、心中につぶやいていた。
原文はこれ。
じゃ、どうして中国語版からくる日本語版小説にシャツを使いませんか?
なぜ小説に大量古文を使いますか?

こんな処理の小説、日本人は見て分かりますか?
 
Last edited by a moderator:
  • Cowrie

    Senior Member
    Japanese
    fxlle said:
    どうして中国語版からくる日本語版小説にシャツを使いませんか?
    昔の中国の話だからだと思いますよ。「古い」感じが出ますから。
    (最初の投稿と引用元は同じなのですよね?)
    中国語から翻訳されたものなのでしたら、考えた上での訳語選択ではないでしょうか。

    fxlle said:
    こんな処理の小説、日本人は見て分かりますか?
    分かりますよ。こういう文体が好みの人も多いと思います。
     

    fxlle

    Senior Member
    Cantonese
    はじめて知ってます。古文で中国小説をかいたら、わからないハメになりかねないでしょう。
     

    Flaminius

    coclea mod
    日本語 / japāniski / יפנית
    衫は現代中国語では西洋の衣類を含むようですね。画像検索でポロシャツやティーシャツがヒットします。しかし日本語では、このすぐ前の文で明らかなように、西洋の衣類を衫で表現する慣例はありません。あまり使わない語ですが、中国式の衣類を指すのに使う語です。
     

    Cowrie

    Senior Member
    Japanese
    衫は現代中国語では西洋の衣類を含むようですね。
    ああ、それでfxlleさんは最初の投稿(「臨幸」)で「元はシャツです。」とおっしゃっていたのですね。納得です。
     

    810senior

    Senior Member
    Japanese
    ウィクショナリーを参照してみたところ、衫は中国語で「シャツ」という意味のようです。(お恥ずかしながら、タイトルだけを見て杉(スギ)と読み間違えてしまいました・・・)
    「シャツ」より、馴染みの薄い、古臭い語を選択したのは、横文字の「シャツ」が舞台の背景(中国?)に相応しくなかったからじゃないかと推測してみます。

    はじめて知ってます。古文で中国小説をかいたら、わからないハメになりかねないでしょう。
    すみません。おっしゃることがよくわからないです・・・。
    最初からはっきりとした古文で書いていたら、分かりにくくなることはないということなのでしょうか?
    I'm afraid I'm not sure what you're getting at.
    Do you mean that it would have not be hard to understand if author had written the story by precise obsolete style, don't you?
     

    Flaminius

    coclea mod
    日本語 / japāniski / יפנית
    「シャツ」より、馴染みの薄い、古臭い語を選択したのは、横文字の「シャツ」が舞台の背景(中国?)に相応しくなかったからじゃないかと推測してみます。
    それだと、日本語でもシャツと衫が同じ指示内容を持つことになります。この文は金庸の武侠小説で、多分、元の支配に対する抵抗運動を描いたものだと思います。その時代の衣服の描写としてシャツが不適当というだけのことで、文学的な修辞の話ではありません。
     

    fxlle

    Senior Member
    Cantonese
    中国の古文で中国小説を書いたら、わからないので、誰もが古文形式を使いません。古代小説は例外。でも、現代文にも翻訳します。
    だから、日本小説に大量に使うのはビックリしてしまいました。
    という意味です。

    それだけではなく、全書でも、シャツなどの外来語をちっとも使われません。
     
    Last edited by a moderator:

    810senior

    Senior Member
    Japanese
    それだと、日本語でもシャツと衫が同じ指示内容を持つことになります。この文は金庸の武侠小説で、多分、元の支配に対する抵抗運動を描いたものだと思います。その時代の衣服の描写としてシャツが不適当というだけのことで、文学的な修辞の話ではありません。
    補足ありがとうございます。私の理解不足でした・・・。

    中国の古文で中国小説を書いたら、わからないので、誰もが古文形式を使いません。古代小説は例外。でも、現代文にも翻訳します。
    だから、日本小説に大量に使うのはビックリしてしまいました。
    という意味です。
    その小説を実際に読んだわけではないので確答はできませんが、
    武侠小説のように古い時代を背景にした小説において、現代語だけで描写するのは限りがありますし、馴染みの薄い語彙が多めになってしまうのは致し方無いでしょう。
     
    < Previous | Next >
    Top