~に従う

Tourmaline

Senior Member
上の表現の使い方を知りたくて、Google色んな文章を探して見ましたが
'~に従う'を漢字で書いた文章も、ひらがなのまま書いたのも見ました。
例を挙げるならば、
'良心に従って...'
'収入が増えるにしたがって...'


漢字で書くにしろ書かないにしろ、どちでもいいですか。


もし私の日本語に変なことや間違ってることがあってら、
口語で、文章には使えない言葉があったら(もっと丁寧な表現があったら
お教え下さい


ありがとうございます。 :)
 
Last edited:
  • Wishfull

    Banned
    Japanese
    上の表現の使い方を知りたくて、Google色んな文章を探して見ましたが
    '~に従う'を漢字で書いた文章も、ひらがなのまま書いたのも見ました。
    例を挙げるならば、
    '良心に従って...'
    '収入が増えるにしたがって...'


    漢字で書くにしろ書かないにしろ、どちでもいいですか。


    もし私の日本語に変なことや間違ってることがあっら、
    口語で、文章には使えない言葉があったら(もっと丁寧な表現があったら
    お教え下さい


    ありがとうございます。 :)
    Tourmalineさん、こんにちは。
    ご質問の答えについてですが、どちらでも良いと思います。
    従って または したがって
    いろんな または 色んな
    挙げる または あげる

    最近はワープロの自動変換により、以前ならば通常ひらがなで書いてあった事も漢字で記述されていることが増え、また、私自身も、(漢字に変換されてしまったのを、もう一度ひらがなに戻すのがめんどうくさいために、)漢字で記述することが増えました。

    私自身の感覚では、従ってしたがってはそれぞれ70%と30%程度用いています。
    また、 色んないろんなは それぞれ5%と95%程度で用いています。
    挙げる と あげる は 50% 50% くらいでしょうか?

    これらは、各人の好みであり、好きな方を選ばれた良いと思います。

    文法の誤りは、一箇所ありました。あってら、はあったらが正しいです。おそらくタイプミスされたのでしょう。

    漢字で書くにしろ書かないにしろは、かなりレベルの高い用法ですが、ここで用いるのは私は誤りではないけれども少し不自然ではないかと思います。しかし正しいとおっしゃるネイティブもいらっしゃるかも知れません。些細なことですから。

    Aにしろ、Bにしろ は、
    漢字で書くにしろ書かないにしろ、印刷代金は変わりません。:tick:
    のように、Aにしろ、Bにしろ、(どちらにしても、いづれにしても)Cは変わりません(気にしません)。というように第三の事柄(C)がその前の条件が違っても変わらない(気にしない)場合に用いるのが正しいと私は思います。
    単独でAとBを比較するのには使用しないと思います。 従って、
    漢字で書くにしろ書かないにしろ、私の日本語の流暢さは変わりませんか。:tick:
    ならAにしろ、Bにしろ、という用法を正しく使っていますが、文章全体で見ると、少し不自然ですよね。 むしろ、
    漢字で書くのと書かないのとは、どちらでもいいですか。:tick: 
    が自然と思います。

    あなたの文章は日本語としての完成度が高く、(文章の内容からは、日本の方ではないと分かりますが)、文章のスタイルからは、日本人が書いたものと全く区別できません。あっらはtaをteにミスタイプしただけだと読者は思うでしょう。

    逆に、我々はあなたが、日本語がぺラぺラ(日本語が流暢)であると思うので、ますます、早口や俗語で話すようになります。
    これからもますますがんばってください。日本語を覚えていただくのは、我々としても大変光栄なことでありますので、できるだけ御協力したいと存じます。  Wishfull.
     

    Tourmaline

    Senior Member

    詳しいご返答本当にありがとうございます。
    私の質問に関する内容は勿論、答弁自体を読るだけでも良い勉強になりました。:)
     
    Top